ドロップスクリーン

41種類のアレルギーを注射器を使わずに調べることができます!

このようなお悩みはありませんか?

  • アレルギーの検査はしたいけれども、採血・注射が苦手
  • 特に、お子さんは注射が嫌いで採血を嫌がる
  • アレルギー検査の結果をすぐに知りたい

そのような方にオススメなのが、
「41種類のアレルギーを注射器無しで、当日30分で結果がわかる検査」の
ドロップスクリーンです!

ドロップスクリーンの特徴は?

ドロップスクリーンは下記のような特徴があります。

①注射器を使わずに検査ができます!

指先採血

アレルギーの検査というと、注射器で採血して結果を調べる・・・というイメージがあるかもしれません。ドロップスクリーンは指先から血液を数滴採取するだけで、検査を行うことができます!

スタンプのような感覚で小さな針を使用して指先採血を行います。

②一度に41種類のアレルギーがわかります!

せっかくアレルギーの検査をするならば、一度にいろいろな項目も検査したいと思います。

ドロップスクリーンは一度に41種類のアレルギーの項目を検査できます!スギやダニといった吸入系アレルギーのほかにも、食物アレルギーも同時に調べることが可能です。

詳しくはこちら

※採血による食物アレルギーの検査はあくまでスクリーニングとして行います。

③保険適用の検査です!

ドロップスクリーンは保険適用の検査です。盛岡市に在住の高校生以下の方は、医療費助成も使用可能です。

検査そのものは割負担の方で5,000円程度です。(※別途診察料や、処方箋料などがかかります)

④最短30分で検査結果が出ます!

従来のアレルギー検査では採血後、1週間程度時間をおいて結果説明のために再度来院いただいておりましたが、ドロップスクリーンは最短で30分で結果が判明します。

お仕事や家事、学校で忙しい、再度の来院が難しい方にもオススメです。

※検査結果が出るまでが30分を要します。説明の準備や診察の兼ね合いでお時間はそれ以上かかりますので、あくまで最短の目安とお考えください。
※別日の受診の際に結果を聞くことも可能です。

ドロップスクリーン検査の流れ

①まずは当院をご受診ください

ドロップスクリーン検査をご希望の方は、まずは当院を受診してください。

受付や問診時などで「ドロップスクリーン検査を希望」とお伝えいただくとスムーズです。

※ドロップスクリーン検査は1度に人ずつしか実施できません。検査希望の方が多い場合は、後日の受診をお願いすることがあります。
検査の都合上、ドロップスクリーンを希望の方は午前は11時ごろまで、午後は17ごろまでに受付してください。

 ⇓

②医師の診察の上、検査を実施

ドロップスクリーン検査を実施しても問題ないか、医師が確認をします。

 ⇓

③指先で採血します

指先からスタンプのような形で、血液を数滴採取します。

 ⇓

④検査結果を解析します

血液をもとに検査を実施します。翌日以降に結果が出ます。

 ⇓

⑤検査結果のご説明、お会計

翌日以降に受診いただければ、検査結果を医師よりお伝えします。
(当日中に結果を知りたい場合はその旨をお伝えください)
その後、通常通りのお会計となります。

ドロップスクリーンで検査可能なアレルギー項目

吸入系・その他19項目

ヤケヒョウダニ、コナヒョウダニ、ハウスダスト1、ネコ皮膚、イヌ皮膚、ゴキブリ、ガ、スギ、ハンノキ、ヒノキ、シラカンバ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ、アルテルナリア、アスペルギルス、カンジダ、ラテックス

食物系22項目

ランパク、オボムコイド、ミルク、小麦、ゴマ、米、ソバ、大豆、ピーナッツ、、トマト、バナナ、キウイ、リンゴ、モモ、マグロ、サケ、サバ、牛肉、豚肉、鶏肉、エビ、カニ

アレルゲン41項目

ドロップスクリーンのよくあるご質問